レビュー的なものを書くブログ

とにかくレビュー的なものを綴ります。おそらく本、ゲーム辺りが多くなるのかな。完全に自己満なブログなので、内容はあしからず。

第27回 「魔女の旅々 4巻」

こんにちはこんばんは。

どうもお久しぶりです。

 

今回は例によって。

白石定規さん著、「魔女の旅々 4巻」のご紹介となります。

 

魔女の旅々4 (GAノベル)

 

今回もあずーるさんの描く表紙が最高にかわいいですね。

イレイナたそ。

 

さて、何度もこのブログでご紹介しています。

revtlier.hatenablog.com

revtlier.hatenablog.com

 

と思ったら2回でした。

この作品自体のご紹介は第7回の方のご紹介をご覧ください。

今回は4巻にフォーカスをあててご紹介していきます。

 

さて、実はこの「魔女の旅々」シリーズ、実は3巻で打ち切りでした。

だから今回復活して、4巻が発売されたのは奇跡といえます。

私はとてもうれしい。とにかくうれしい。

 

4巻が発売されることになったのは、ライトノベルとして発売された「リリエールと祈りの国」という、魔女の旅々シリーズの続編が発売されたことで。

これまでの既刊3冊がジワジワと売れたからだとのことです。

本当に4巻発売を願い続けていたので、嬉しくて嬉しくてたまりません。

 

嬉しさの表現はこの辺りまでにして。

今回はいつにも増して「出会いと別れの物語」の描写が濃いというか。

 

ちょっぴり切ない。けれど、けして悲しい訳ではない別れ

 

といったところでしょうか。

 

今回も性根の腐ったイレイナさんが最高に可愛くて楽しい…でも心が温まる

そんな物語を綴ってくれています。

 

そして重要な新キャラ「アムネシア

このキャラクターが複数話で登場し、イレイナと共に旅をします。

まさに、「出会いと別れの物語」が綴られている複数話でした。

特に最後の話は思わず涙…は流さずとも、感動したり、心が温まったり。

そんなお話でした。

あずーるさんの白髪キャラ最高にかわいい。

 

 本当にですね、この作品は「まったり」と読むことをおすすめします。

気合を入れて読む必要なんてありません。

軽い気持ちで読み始めると、気が付いたら読み終わっていますから。

そんな物語です。

ぜひ、ゆっくりとした気持ちで読んでください。

そして、まったりとしてください。

癒しの時間を過ごしてください。

 

以上です。

執筆時点では(8/7)、なんとKindle版を購入すると50%ポイント還元

買うなら今です(どうやら8/10までだそうです)

私もKindle版では第1作目しかもっていないため、買おうか迷っています。

では次回。

 

 

 

魔女の旅々 (GAノベル)

魔女の旅々 (GAノベル)

 

 

魔女の旅々2 (GAノベル)

魔女の旅々2 (GAノベル)

 

 

魔女の旅々3 (GAノベル)

魔女の旅々3 (GAノベル)

 

 

魔女の旅々4 (GAノベル)

魔女の旅々4 (GAノベル)

 

 

リリエールと祈りの国 (GA文庫)

リリエールと祈りの国 (GA文庫)