レビュー的なものを書くブログ

とにかくレビュー的なものを綴ります。おそらく本、ゲーム辺りが多くなるのかな。

第13回 銀翼のイカロス

こんばんは。

今回もかよ

って感じかもしれません。

今回は前回に引き続き池井戸潤著、銀翼のイカロスです

 

銀翼のイカロス

 

引き続きの時点で察してくださるかと思います。

そう、半沢直樹シリーズの第4巻にあたります。

前回ご紹介したロスジェネの逆襲は第3巻でしたので、その続きですね。

もうタイトルからワクワクですよ、こんなの。カッコよすぎるでしょう。銀翼のイカロスって。

いろいろと半沢直樹シリーズに関してはこの前書きましたので、そちらをご参照下さい

第12回 ロスジェネの逆襲 - レビュー的なものを書くブログ

上の記事を書いてから日がほとんど経っていませんね。

ロスジェネを読み終わって速攻銀翼のイカロス買いました。

もうとにかく読みたくて仕方がなかった。

 

さて、この作品。

前回のラストで主人公である半沢直樹が東京中央銀行営業第二部へ出戻りという人事が発令されて終わった、その直後からとなっています(ネタバレ防止のため白字にしました)

 

今回は今までと異なっていて、「政府」が大きく物語に関わってきます。

その政府や、行内での旧T vs 旧Sの様相が前回同様テンポ良く、痛快に表現されているため、ちびちびとではなく一気に読みたい作品です。

 

度々半沢直樹シリーズでは旧Tと旧Sの確執、派閥意識、対抗心、プライドが描かれてきましたが、今回はそれがより一層…色濃く。

言い方を変えれば、ドロドロとした雰囲気が伝わってくる書かれ方がされています。

 

そんな部分も最後にはスッキリとまとめていて、後味の良いラストでした。

勿論お馴染みの、半沢の逆転劇、論破シーンもありますよ!

呼んでいていつもの如く、とても気持ちが良い…!

 

物語自体はこれで完結なのかも。

とも思える結末の迎え方ですので、続編が出るか出ないかがものすごく気になります。

個人的には大好きなシリーズですのでまだまだ読みたいんですけどね…。

 

また、おそらくファンも多いと思われる黒崎が再び登場しますので、そこも大きな見所かもしれませんね。

なおさらドラマで見たい!()

 

 

なんかロスジェネからの経過した日が浅すぎて、このレビュー自体が上手く書けておらず申し訳ないのですが、とにかく面白いということだけをお伝えしたいです。

少なくとも半沢直樹シリーズが好きな方ならば、間違いなく楽しめると思います。

ただ、こちらの作品はまだ新書でしか出版されていないため、少しお値段は張ってしまいますが…。

それでも約1,600円を払う価値は、十二分にあると思います。

中古という手もありますしね。

ドラマしか見ていない方にもロスジェネの逆襲と合わせて是非呼んで欲しいです。

 

次回は久しぶりに、

オタオタな某アイドルグループのノベライズ作品をご紹介するつもりです。

では次回。

 

 

銀翼のイカロス

銀翼のイカロス

 
オレたちバブル入行組 (文春文庫)

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

 

 

オレたち花のバブル組 (文春文庫)

オレたち花のバブル組 (文春文庫)

 

 

ロスジェネの逆襲 (文春文庫)

ロスジェネの逆襲 (文春文庫)

 

第12回 ロスジェネの逆襲

こんばんは。

今回も今までとは若干毛色が異なります。

 

池井戸潤著、「ロスジェネの逆襲」の紹介となります。

 

ロスジェネの逆襲 (文春文庫)

 

さて、今は文庫版が発売されているこの作品。

3年くらい前に異例の大ヒットを記録した、ドラマ半沢直樹シリーズの小説第三巻です。

私が購入したのは3〜4年ほど前なのですが、冒頭だけ読んで完全に積み本と化しており、久しぶりに頭から読み始めたら一気に読破してしまいました。

 

実は私は、半沢直樹のドラマ自体は所々しか見ていません。

しかし、原作である小説版は1巻、2巻ともに読破済みです。

ドラマではラストシーンで半沢が出向されて終わります。

このロスジェネの逆襲は、その出向された直後が舞台となっているため、ドラマだけしか見ていない方、小説だけの方でも楽しめるのかな、と思いました。

 

 

原作小説の1巻2巻は銀行が舞台ということもあり、銀行絡みの専門用語が数多く頻出していました。

正直、簿記でもかじっている人でもないと読むのが大変だったり、言っている意味がサッパリわからない!という状態に陥ってしまうケースもあったのかと思います。

幸い私は簿記の勉強をしていたため、ある程度の理解はできたのですが、それでも読みながら疲れを感じていました。

 

しかしこのロスジェネの逆襲。

そういった用語はあまり出てきません。

終盤で少し出てきたかな。という印象。

さて、内容は。

半沢の出向先↓

東京セントラル証券という証券会社

vs

東京中央銀行

↑半沢が出向前に所属していた

 

という構造で。

とある企業の買収合戦といえるかもしれません。

 

タイトルにある通り、ロスジェネ…つまり「ロストジェネレーション世代」であったり、半沢の世代であるバブル世代等、「世代」も一つの大きなテーマとなっています。

 さてさて、半沢直樹といえばお馴染み

倍返しだ!

という決めゼリフ。

今回はそれほど多用されていませんというか、ほとんど出てきません。

 

けれど、半沢シリーズの大きな魅力である、痛快な逆転劇であったり、嫌な上司や同僚に臆せず正面からやり合って叩きのめすような…

 

そんな展開がテンポ良く最後まで続きます

とにかく読んでいて気持ちが良い。

そして、面白い。

 

是非、半沢直樹のドラマが好きな方。

ドラマでなく、小説を読んだ方。

どちらもよく知らないけど、興味がある方。

皆さんに読んで頂きたいです。

 

前述した通り、1,2巻に比べると勘定科目等の専門用語があまり出てこないので圧倒的に読みやすい(理解しやすい)ので、オススメです。

 

ドラマ化しないのかなぁ…?

 

 

 

さてさて、実は半沢直樹シリーズはもう一冊、「銀翼のイカロス」というロスジェネの逆襲の続編も発売されています。

 

ロスジェネも逆襲を読み終わり、そのままの勢いで買ってしまいましたので、そちらも読んで気が向いたら紹介しようかな、と思います。

 

以上です。

では次回。

 

 

ロスジェネの逆襲 (文春文庫)

ロスジェネの逆襲 (文春文庫)

 

 

 

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

 

 

 

オレたち花のバブル組 (文春文庫)

オレたち花のバブル組 (文春文庫)

 

 

 

銀翼のイカロス

銀翼のイカロス

 

 

第11回 モウリーニョの流儀

こんばんは。

年が明けました。

今年もよろしくお願いいたします。

 

さて、新年一回目の更新。

今回は今までとは少し紹介するものの傾向が違うものです。

片野道郎さん著、「モウリーニョの流儀」のご紹介となります。

モウリーニョの流儀

 

私、実はサッカー観戦が趣味でして。

ということはもちろん好きなチームであったり、好きな監督がいるわけです。

私の好きな、応援しているチームはスペインの名門「レアル・マドリー

先日、クラブワールドカップで日本のクラブ、鹿島アントラーズと熱戦を繰り広げたクラブです。

 

今回紹介する本はタイトルの通り、モウリーニョというサッカー監督に焦点を照らし合わせた本なのですが、この監督、数年前(12-13シーズン)まで私の好きなマドリーの監督をしていた人物なんです。

 

とはいっても、この本の内容はマドリーの監督に就任する前の、インテル時代のこと…更に言えば、インテル就任1年目のモウについて書かれています。

つまり08-09シーズンですね。

少し前に発売されたものではありますが、たまたま書店で目に付いたので購入しました。

以前から読みたいと思ってはいたのでちょうどよかったかも。

 

さて、では本についてです。

 

この本の筆者がイタリア在住の日本人記者ということもあり、当時の会見等でのモウリーニョの発言や態度、インテルの試合内容、選手たちとモウ本人との関係が色濃く、詳細に書かれていて、読みながら当時の細かい様子まで知ることができました。

 

また、既に知っていたことではありますが、

モウという監督が一体どんな監督で、どんなスタンスで選手や記者、他チームの監督たちと接するのかを今まで以上に鮮明に知ることができたと思います。

 

モウには興味なくとも、サッカーが好きな方なら読んでいるだけで楽しい内容だったかなと感じました。

前述したとおり、この本は当時のインタビューや記者会見での受け答えが丁寧に書かれているので、そこが一番読み応えのあるポイントかな、と思います。

 

現在は新品でなくとも中古で安く入手することもできますので、興味のある方はぜひ読んでみて下さい。

 

では次回。

 

モウリーニョの流儀

モウリーニョの流儀

 

第10回 魔女の旅々 3巻

おはようございます。

星舞です。

さて、昨日!!

私個人的に待望しておりました、白石定規さん著「魔女の旅々」の第3巻が発売されました!!

魔女の旅々 3 (GAノベル)

いつも通りあずーるさんの描く可愛いイラストが表紙です。

てかイレイナちゃん!!短髪!!かわいい!!!!!!!!!!!

取り乱しました。すいません。

GAノベルズ出版です。

 

さて、以前にもこのブログでご紹介致しました魔女の旅々シリーズ。

前回紹介した際は既刊である1巻と2巻をまとめて、割とさっくりと紹介、という感じでした。

この作品そのものの紹介についてはお手数ですが前回記事をご参照ください

第7回 魔女の旅々 - レビュー的なものを書くブログ

では今回はしっかりと3巻を紹介するのか。

というとそんなことはありません。

何故ならまだ読み途中だからです。

 

では、そんなに楽しみにしていたにも関わらずまだ途中なのは何故か。

この作品は一気に読破してしてしまうのもアリですし、全然できてしまいます…

でも!!

 

短編集というのもありますが。

ちびちびと、少しずつ。

ゆっくりまったり読むのが、この本を最大限楽しむ方法なんじゃないかな。

と強く思います。

 

というのも、この作品、ゆったりとした。ふんわりした。

そんな雰囲気・印象を強く受けるんですよね。

と思いながら読んでいると、たまーに思わず涙を誘うようなシーンがあったり。

考えさせられる内容が組み込まれていたり。

どれだけ読んでいても”飽きない”物語が紡がれています。

先述致しましたが、短編集というのも大きな要因なのかな、と感じています。

 

さて、だらだらと書いてしまいましたが。

本当に。

心からおススメする作品、シリーズです。

ほのぼのとしたい方、是非お読みください。

 

ちなみにアニメイト限定版もあるみたいです。

というか私はそれを買いました。

実際に店頭に行くまで知らなかったんですけどね。

少ししたら通常版も買う予定です。

  

 こちらが、今回発売された通常版↓

魔女の旅々 3 (GAノベル)

魔女の旅々 3 (GAノベル)

 

  

そして↓2つが、既刊である1,2巻となります。

魔女の旅々 (GAノベル)

魔女の旅々 (GAノベル)

 

 

魔女の旅々 2 (GAノベル)

魔女の旅々 2 (GAノベル)

 

 

第9回 「The end of escape」 (fripSide × angela)

おはようございます。

今回は昨日(12/07)に発売されました、fripSide × angelaのThe end of escapeについてです。

 

 初回限定盤ジャケット

The end of escape(初回限定盤CD+DVD)TVシリーズ(亜人)第2クール後期オープニングテーマ

 

 

 

通常盤ジャケット

The end of escape(通常盤)TVシリーズ(亜人)第2クール後期オープニングテーマ

 

亜人の第2クール後期OPテーマであるこの曲。

前期はangela × fripSideとして「僕は僕であって」を担当し、10月にリリースしています。

名前の違いから分かる通り、前期はangelaがメイン。

対して、後期はfripSideがメインとなって楽曲が制作されました。

前期の僕は僕であっては完全にangela…なんだけど、fripSide"らしさ"も随所に見られたため、どこか不思議な感じのする、聞きごたえ抜群な楽曲でした。

 

さて、「2016年最後の大型コラボ」として、今回「The end of escape」をリリースしたfripSide × angela

 

今回はfripSide主導の楽曲となっており、シンセサウンドが気持ちいい。

でもやはり今回も、angelaらしい…特にギターサウンド、ストリングスが入っていて。

僕は僕であっても含めて、コラボだからこそ生まれた2曲なのではないでしょうか。

個人的にアウトロのシンセソロがたまらなく大好きです。

 

そしてPV。

firpSide主導のため、いつものfripSide風PVにangelaが参加している、スペシャルな内容でした。

毎回新曲がリリースされるたびにPVで笑っている私ですが、今回は爆笑でした。

とにかくカッコいいPVなんですが、最後がたまらなくステキで、笑顔になってしまうPVです。

皆さんにも是非見てほしい…。

 

The end of escape

The end of escape

 

ちなみに今回は初回限定盤と通常盤の2パターン販売されており、

初回限定盤には「アニメサイズ」と、「PVと、そのメイキング映像+僕は僕であってのメイキング映像」が収録されたDVDが。

通常盤には南條愛乃とatsukoそれぞれパート分けされた音源が収録されています。

 

とてもカッコいい曲です。

fripSideangelaが好きな方や、亜人を見ている方は是非聞いてみてください。

 

では次回。

 

 

 

 

  

僕は僕であって(期間限定盤)

僕は僕であって(期間限定盤)

 

 

僕は僕であって(通常盤)

僕は僕であって(通常盤)

 

 

第8回 「SUMILE SMILE」 (内田彩1stシングル)

おはようございます。こんにちは。

今回は声優・アーティストである内田彩さんの1stシングル、「SUMILE SMILE」のご紹介です。

 

f:id:hakujolno:20161202092815j:plain

限定版ジャケット

f:id:hakujolno:20161202092817j:plain通常版ジャケット

 

さて、今回内田彩さんがリリースしたのは1stシングル

といっても、デビューシングルというわけではありません。

内田さんがアーティスト活動としてソロデビューをしたのは2014年11月12日。

その時はデビューにも関わらずフルアルバム「アップルミント」をリリースしました。

 

1年経たずして、2015年7月22日には2ndアルバム「Blooming!」をリリース。

2016年2月10日には、

コンセプトアルバム2枚「Sweet Tears」、「Bitter Kiss」をリリース。

1年半でフルアルバム2枚、コンセプトアルバム(それぞれ6曲)2枚をリリースするという、異様なハイペースで増えていく楽曲たち。

 

2016年はライブツアー、武道館ライブを果たしました。

そんな内田彩さんが武道館で発表したのが「SUMILE SMILE

 

おそらく、内田彩さんを追いかけていた方々であれば誰もが驚いたことでしょう。

デビューしてそろそろ2年。ついに。ついに、シングルをリリースするーー

少なくとも私は驚いていました。

 

さて、そんなこんなでつい先日、11月30日にリリースされた内田彩さんの「SUMILE SMILE

一言で表すと、「1stシングルだけど集大成」といったところでしょうか。

 

作曲はこれまでのアルバムのリード曲、

アップルミントBlooming!を担当した持田裕輔さん作曲です。

そのため、曲調、メロディラインが2曲と似ています。

SUMILE SMILE

SUMILE SMILE

が、それがまたいい。

これまでのリード曲として内田彩さんを彩っていた楽曲を継承しているような。

そんな気持ちになりました。

 

というかこの曲、メロディは明るい感じで何も考えずに聞いていると気が付かないのですが、

よくよく歌詞に注目してみると中々悲しいニュアンスの濃い曲なんですよね。

 

でも最後にはやっぱり前を向いていて。

生きることへ元気を貰える曲になっています。

是非、歌詞にも注目して頂きたいです。

 

MVはこれまでと違って私服感が溢れる衣装なので、それも必見。

 

さて、次はカップリングの「Everlasting Parade」です。

Everlasting Parade

Everlasting Parade

 作曲はこれまで内田彩さんに

「with you」、「Floating Heart」、「絶望アンバランス」

を提供しているhisakuniさんです。

 

with you等のようなエレクトロポップ系統の楽曲で、若干好みがわかれるかも。

ただ、これまでのhisakuniさん楽曲がお好きな方であれば気に入るんじゃないかと思います。

 

 こちらに関してはとにかく聞いてほしいと思いますので、申し訳ないのですが詳しくは割愛させて頂きます…。

というか書いてもうまく伝えられる気がしません…。

 

と、いったところで内田彩1stシングル、SUMILE SMILEの紹介でした。

では次回。

 

 

 

S?UMILE SMILE 【通常盤(CDのみ)】

S?UMILE SMILE 【通常盤(CDのみ)】

 

 

 

 

 

 

第7回 魔女の旅々

こんにちは。こんばんは。

 

今回はGAノベルズ出版、白石定規さん著の

「魔女の旅々」のご紹介です。


f:id:hakujolno:20161127162150j:image

 

表紙を見ると勘違いしてしまいがちですが。

GAノベルズということで、ライトノベルではないんですね。

文庫サイズでなく、大きいやつ。新書サイズのやつです。

 

元々はKindleストアにて自費出版されていたそうです。

まあ内容はラノベライクなものなのですが。

 

さてこの作品。

一言だけいうと最高です

 

タイトルから察せる通り、表紙の女の子は魔女なんですね。イレイナといいます。

そして、旅をしている。

その旅で色々な国を訪れる中、様々な人達に出会い、生まれた物語

とでも言うのでしょうか。

この子にとって旅は日常で、その日常で織りなす様々な物語が綴られています。

イレイナ視点でその物語が語られていくのですが、イレイナの心内描写がとても可愛らしい。

まるで日記を読んでいるような…そんな感覚です。

 

ほのぼのとした雰囲気が好きな方、日常系ラブな方に心から推したい

また、短編集なため短い時間でサクッと1章だけ読む。なんてこともできます。

 

最近のありきたりで、同じような内容が蔓延っているラノベとは一味違う、そんな素敵な作品でした。

 

現在は2巻まで発売されています。

ちなみに、3巻が12/14に発売。

待ち遠しいです。

 

興味を持たれた方、ぜひ読んでみてください。

新書なので少しお値段は張りますが…。

心から推せる作品です。

 

3巻が発売されたら、また3巻についての記事を書きたいと思います。

 

では次回。

 

 ちなみにAmazonのレビューも軒並み高評価ですので、購入の参考にしてみるといいかもしれません↓

魔女の旅々 (GAノベル)

魔女の旅々 (GAノベル)

 

 

魔女の旅々 2 (GAノベル)

魔女の旅々 2 (GAノベル)

 

 

魔女の旅々 3 (GAノベル)

魔女の旅々 3 (GAノベル)