レビュー的なものを書くブログ

とにかくレビュー的なものを綴ります。おそらく本、ゲーム辺りが多くなるのかな。完全に自己満なブログなので、内容はあしからず。1週間に1回くらい更新できたらいいな(願望)。ネタバレは極力しないように意識しています。

寄宿学校のジュリエット

どーもどーも。

今回は「金田陽介」で「寄宿学校のジュリエット」についてご紹介します。

 

寄宿学校のジュリエット(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

既刊8巻。

10月からアニメ化も決定されている作品です。

 

 

ざっくり紹介

ダリア学園という、タイトル通りの「寄宿学校」が舞台。

この学園には寮が2つあり、東和国が寄宿する「黒犬寮」ウェスト公国が寄宿する「白猫寮」が存在します。

お互いに敵対関係にあり、ケンカ(戦闘)が日常茶飯事。

そんな中、

黒犬寮の代表を務める主人公:犬塚 露壬雄(いぬづか ろみお)が、白猫寮の代表ジュリエット・ペルシアに対して恋をしているところから物語がスタート。

物語序盤ですぐに付き合い始める…。

という、いわゆる「禁断の恋」を題材にした恋愛漫画といったところでしょうか。

そんな2国間の不仲っぷりを、「世界を変える」という熱い思いを持ちながら、2人で成長していく過程も描かれている作品です。

といっても基本的にペルシアはしっかりしているので、主に成長していくのは露壬雄がメインですね。

 

物語の内容・進行

禁断の恋人関係を築いていくため、とにかく人目を気にして行動しています。

デートするにもやたらと朝が早かったり、マンホールと会話したり。

事情を知らない人からしたら意味不明な光景ですが、それでも思い合う、会いたがる2人が微笑ましい。

そのため、ちょっとしたすれ違いや思い違い、相手が愛想を尽かしてしまったんじゃないかという不安(主に露壬雄だけど)に苛まれている様子が可愛らしいです。

 

 

キャラクターについて

基本的に露壬雄とペルシアの2人にフォーカスを当てられている漫画ですが、もちろん他のキャラクターたちも躍動している物語です。

その2人に加え、個人的に好きな1人も簡単にご紹介。

 

主人公:犬塚 露壬雄

f:id:hakujolno:20180702095922p:plain

 

主人公。黒犬寮の代表。

ペルシアと約束した「世界を変える」という目標のため、ちょっと頼りないけど日々努力して進歩している。

なんていうか「」っぽさがすごいキャラクターです。

よくTwitterとかで「犬系男子の特徴」みたいなイラストがUPされてますが、ほんとあんな感じ。

左右に激しく動く尻尾が見えるくらいには犬っぽいです。もちろん尻尾は生えてない。

てか画像のコマイケメン過ぎ…。

 

ジュリエット・ペルシア

f:id:hakujolno:20180702100424p:plain

 

本作のメインヒロイン

記事冒頭にある1巻の表紙もペルシアです。

白猫寮の代表を務めています。

とにかく、「カワイイ」という1言が似合う少女です。

付き合うこと・恋愛に対して初心で、頑張って露壬雄を喜ばせようとしている面なんてとても可愛い。

正統派な「美少女」といった感じでしょうかね。

 

シャルトリュー・ウェスティア

寄宿学校のジュリエット(3) (週刊少年マガジンコミックス)

 

白猫寮生で、ペルシアのルームメイト

ウェスト公国の王女で、「暴姫」の異名を持つくらいワガママ

幼い頃からペルシアが世話係として傍にいたため、幼馴染のような関係性。

軽いネタバレになりますが、ペルシアに対して恋心を抱いており、露壬雄に対して張り合うことが多々。

それでもペルシアの恋愛をサポートする描写もあったりで、非常にかわいい。

個人的に大好きなキャラクターです。

 

まとめ

さて、寄宿学校のジュリエットという作品ですが、「可愛いキャラクターが登場する作品」を求めている方には是非読んで欲しいですね。

また、恋愛漫画としても楽しめるはず。

ペルシアが実は露壬雄のことを大好きなことが伝わってくる描写は胸がキュンキュンしますね。

 

また、この記事では紹介し切れませんでしたが、監督生(プリフェット)という役職の生徒も登場します。

f:id:hakujolno:20180702102354p:plain

露壬雄と監督生のやり取り等で笑える部分も多く、ギャグ要素も取り入れられている作品と言えるでしょう。

サブキャラまでもれなくかわいいので、とにかく「かわいい」という気持ちに包まれたい

そんな方は是非読んでみてください。

10月からアニメも放映されますよ

 

 

今回はこの辺で。

では次回。

 

 

小説 寄宿学校のジュリエット (KCデラックス)

小説 寄宿学校のジュリエット (KCデラックス)

 

 

寄宿学校のジュリエット コミック 1-7巻セット

寄宿学校のジュリエット コミック 1-7巻セット

 

 

やがて君になる

ども。

今日は「仲谷鳰」で「やがて君になる」について簡単にご紹介します。

 

やがて君になる (1) (電撃コミックスNEXT)

 

既刊は5。

表紙から察せるかもしれませんが、百合系漫画です。

そんな生々しい描写はされません。

アニメ化も決定されており、10月から放送されるようです。

 

ざっくり紹介

高校に入学したばかりの小糸 侑(こいと ゆう)は、どの部活動に入るか、悩んでいました。

そんな中、ひょんなことから生徒会の手伝いをすることになります。

そこで、後の生徒会長となる生徒会役員、七海 燈子(ななみ とうこ)と出会うのでした。

物語は、この2人の出会いからスタートします。

 

恋愛的な観点で見る

この漫画、要するに侑と燈子が百合的な関係を築いていくことになるのですが、一般的には「なんでもできる生徒会長に憧れる」というシチュエーションや設定が多いかと思います(個人的な意見です)。

しかしこの作品はそうではなく、「後輩に惹かれる生徒会長と、それに半ば呆れている面も見せる後輩」という、ちょっと変わった展開を見せてくれるんですね。

 

歪とまではいきませんが、少しだけ不安定な関係なんじゃないかな…と感じます。

 

2人の共通点が異性に告白されても「誰にもドキドキしない・できない」というもの。

燈子はそんな「誰にもドキドキしない」侑に惹かれていくことになります。

 

キャラクター

 

メインキャラとなる2人だけ超簡単にご紹介。

基本的にこの2人が中心となってストーリーが描かれています。

 

小糸 侑

f:id:hakujolno:20180701114214p:plain

 

一応、主人公というポジションになるのかな?

基本的に物語は侑視点で進行していきます。

自分の気持ちにモヤモヤしたり、最新巻では燈子の歪んだ面から目を逸らさず、まっすぐに向き合っていく様子が描写されています。

 

七海 燈子

f:id:hakujolno:20180701114307p:plain


ザ・生徒会長といったキャラクター。

かと思いきや、読んでいるうちに「それはみんなの前だけの演技だ」ということが明らかになる。

自分の姉のように。ただただその思いから行動している少女。

侑の前だけは、弱気な面等々、普段は隠している面を見せてくる

 

 

まとめ

絵が綺麗で、物語もちょうどいいテンポで進行していく印象。

ただ百合百合しているわけではなく、しっかりとストーリーの内容・芯となる部分もあるため、間延びしているような感じはしません。

また「生徒会」としての活動もリアリティがあっていいと感じました(生徒会経験者)。

もちろん、上で紹介した2人以外のキャラクターたちも物語にしっかりと関わってきます。

そんな中でこの2人がどうするのか。といった面も魅力の一つ。

興味のある方は是非。

アニメ化も決定しているので、それを見てからでもいいかも。

百合耐性がない人はちょっとキツいかもしれません。

 

では次回。

 

 

 

 

中卒労働者から始める高校生活

どーもどーも。

今回は「佐々木ミノル」で「中卒労働者から始める高校生活」です。

労働者は「ワーカー」と読みます。

 

中卒労働者から始める高校生活 1

 

既刊10巻

 

ざっくり紹介

この漫画はタイトルの通り、

中卒で就職した主人公が通信制の高校に通うお話

です。

その高校で様々な出会いがあり、友人関係恋模様が色濃く描かれています。

通信制高校ということで年齢も様々で、本当に高校生の年代の人もいれば、老人までいる中での生活となります。

作者が若い頃に通信制高校に通っていた経験があるそうで、実体験がベースとなっているエピソードもあるみたいです。

 

この作品の恋愛描写

恋愛面で失敗を恐れる・思考パターンがマイナス過ぎるあまり、

とにかく「すれ違い」や「勘違い(マイナス思考)」によるトラブル・ケンカ的なものに発展することが多いです。

最終的に解消されていくのですが、人によっては読んでいてモヤモヤしたり、イライラを感じるかもしれません。

ただ、そのすれ違いなどが解消された時や、思いが通っているときはほんとに微笑ましい。

キャラクターの背景が重いこともあり、幸せになって欲しいな、なんて感じます。

 

キャラクターについて

この漫画は、主人公とメインヒロイン以外にも上手くフォーカスを当てながら物語が展開されています。

基本的には主人公メインですが、他のキャラクターたちの恋模様や、過去エピソードが掘り下げられているのが特徴です。

そんな登場キャラクターの中から、主人公とメインヒロインの2人を簡単にご紹介。

 

主人公:片桐 真実

f:id:hakujolno:20180627095032p:plain

本作の主人公で、タイトルを指すキャラクター。

家庭の事情で中卒で就職をし、工場で勤務。

仕事に熱心に取り組んでいて、職場の仲間・上司からの信頼も厚い。

恋愛では超マイナス思考で、すぐに悪い方向へと考えてしまう。

が、物語が進むにつれ成長している様子も見られる。

 

メインヒロイン:逢澤 莉央

f:id:hakujolno:20180627095354p:plain

いわゆる「お嬢様」で、非常に裕福な家の娘。

とある事情で通信制高校に通うことに。

あることに頭を悩ませて苦しんでおり、物語中ちょっと胸糞な描写が続く。

ただ、胸糞パートはスカッと解決(?)するので安心です。

恋愛で悩む様子が非常に可愛らしい

 

基本的には、この2人の恋模様が描かれる作品です。

 

 

まとめ

通信制高校が舞台の作品で、ありとあらゆる人が集まるカオスな学園生活。

ジャンルとしては恋愛&学園モノといったところでしょうか。

恋愛漫画として普通に胸キュンするので、そういうものが見たい人はいいかも。

ただ先述したように、すれ違い的シーンが多々あるのでモヤモヤイライラすることは必至。

そういうのが苦手な人は避けた方がいいかもですね。

それを乗り越えた先の胸キュンって感じでしょうか。

 

 

今回はこの辺で。

では次回。

 

 

中卒労働者から始める高校生活 1

中卒労働者から始める高校生活 1

 

 

 

中卒労働者から始める高校生活 10

中卒労働者から始める高校生活 10

 

 

 

 

現代魔女の就職事情

どもども。

本日はこちらの作品。

相沢沙呼・はま(原作・漫画)」コンビで「現代魔女の就職事情」です。

 

現代魔女の就職事情(1) (電撃コミックスNEXT)

 

全5巻で完結済

 

あらすじ的紹介

魔女」という存在が、それほど珍しくない世界。

魔女修行としてとある町にやってきた(行かされた)玉城禰子。

魔女修行とは言っていますが、要するに無職

現地で、自分の力でどうにかして生活をしていかねばなりません。

 一体、どうするのでしょうか…。

 

ざっくり内容

 

魔女として、何でも屋的、万事屋的なことを始めた玉城禰子が、

近隣住民や学校の生徒の悩み・不思議な出来事を解決していう様子が描かれています。

その過程で友達ができたり、よくわからない悪魔に出会っていく…。

そんなお話。 

 

 

「就職事情」というタイトルは、物語のキーワード

 

タイトルに「就職事情」とあるように、物語後半では「将来の夢」と「就職(現実)」のギャップや、重くのしかかるプレッシャーが描かれています。

 

ただひたすらに、真っ直ぐ夢を目指す子。

とても強い夢があるけど、どうにもできない事情で諦めざるを得ない子

なんとなく道は定まっているけど、空回りしてしまう子

周りはうまいこと就活成功させているのに、なかなか内定がもらえない子

 

そんな、「就職」や「自分の夢」等々、将来に対するキャラクター1人1人の思いや葛藤が色濃く描かれている作品です。

 

メインの3人を超簡単に紹介

超簡単に、ざっくりとではありますが、主人公を含め、主要なキャラクター3人を紹介します。

主人公:玉城禰子

現代魔女の就職事情(5) (電撃コミックスNEXT)

 

この漫画の主人公の魔女。

最初は女子高生に憧れていて、魔女修行にイマイチ乗り気になれない様子が描写されています。

しかし、話が進むにつれ魔女として、大切なこと、自分の思いを見つめなおし、

「魔女」として自分が何をできるのか、するべきなのか。

そんな自覚が芽生え、成長していく過程を見せてくれる女の子です。

 

中島菊花

f:id:hakujolno:20180626153030p:plain

空を飛ぶパイロットに憧れ、目指している15歳の女子高生。

しかし、身長が低いために少し諦めかけています。

物語冒頭、主人公が困っているところを助けたことがきっかけで、仲良くなりました。

 

水峯弥生

f:id:hakujolno:20180626154823p:plain

 

神社の娘で、巫女さんをしている

菊花の友達で、その繋がりで主人公とも交友を持つようになりました。

あまり口数が多くないが、物語の過程で起きるとある出来事から、主人公と一気に打ち解けることに。

とても料理が上手く、料理ができない禰子に度々料理を振る舞っている。

 

 

この漫画で特筆するポイント

イラストを見ればわかるように、かなり絵が綺麗です。

人物だけでなく、背景等もしっかり描き込まれていて、世界観がはっきりと伝わってきます。

また、原作は小説家の相沢沙呼さんということもあり、ストーリーそのものも魅力の1つです。しっかりと、5巻で綺麗に締めてくれています。

 

まとめ

正直絵に惹かれたのがきっかけだったこの作品。

読んでみて良かったと心から思える作品でした。

特に、物語中盤~終盤に描かれる弥生とのすれ違い~仲直りの描写は、そこだけでも読んでよかったと思わせてくれるくらい心に響きました。

若干ですが軽い百合的な要素もあるかもしれません。

絵も綺麗ですし、キャラがかわいいなーと思ったら読んでみる、そんな軽い気持ちで読み始めてもいいと思います。

完結済というのも魅力かも。

 

今回はこの辺で。

記事の構成が毎回ビミョーに違いますがご了承ください…。

では次回。

 

 

現代魔女の就職事情 コミック 全5巻 セット

現代魔女の就職事情 コミック 全5巻 セット

 

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜

こんにちは。

今回は漫画です。

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜

のご紹介です。

 

かぐや様は告らせたい?天才たちの恋愛頭脳戦? 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

現在8巻まで発売されている作品で、4月に9巻が発売されます。

3月から下書きとして放置されていました。

現在は10巻まで発売されています。

 

 

 

作品について

アニメ化も決定し、スピンオフ作品も連載スタートと、今ノってる作品といえるでしょう。

 

ジャンルとしては恋愛漫画になるのかな・・・?

ブコメのコメディ要素強め的な、そんな感じです。

 

この作品は、とにかくプライドの高い成績優秀生徒会長と、同じくプライドの高い日本を代表する名家のお嬢様(副会長)が、お互いに「相手に告らせようと頑張る」(自分からは告白したくない)という根本の目的を基に物語が展開されていきます。

 

その2人を囲む生徒会メンバーも知らず知らずのうちに巻き込まれて…というような展開。

 

タイトルや1巻の表紙だけ見ると、結構がっつりな頭脳戦なんじゃないかと想像しがちですが、実際に読んでみるとそんなことは一切ありません。

 

いや、あるんですが、空回りしたりお互いに初心だったりして、微笑ましいんですよね。

正直ギャグマンガ的な側面もあって、笑ってしまう事も多々あります。

初期は頭脳戦な話も多々ありましたが、話が進んでいくにつれ「天才たち…?」なんて感じになっていきますよ。

 

作者もそれは認めていますし、今の路線で面白いので全然OKですけどね。

 

キャラクターについて

 

キャラクターも全員個性が立っていて、非常に面白い。

空気になってしまうようなキャラクターもおらず、安定して話に絡んできます。

全員ではありませんが、主要な人物を超ざっくりご紹介。

 

男性キャラ

主人公の白銀御行

f:id:hakujolno:20180626102142p:plain

プライドが高い生徒会長で、学年の成績は常にTOP

苦学生で、アルバイトしまくり。

目つきの悪さは寝不足でできたくまのせい。

 

石上会計

f:id:hakujolno:20180626102653p:plain

いわゆる陰キャポジ…だけど生徒会ではズバズバ発言してくる

会長と仲の良い友人ポジでもある

ちょっと重い過去を持ってますが、既に克服済

あまり評価はよくなかったみたいだけど、石上会計の過去を振り返りつつ成長を果たす体育祭編は、非常に良かった。

 

女性キャラ

女性キャラもみんなカワイイ。

みんな可愛い中、個人的に一番好きなのは早坂愛

「早坂愛」の画像検索結果

 

かぐやの幼馴染で側近。幼い頃から身の回りのお世話をしていたため、お互いが姉妹のような存在。

辛辣で割と性格がクズな彼女は、かぐやが唯一飾らない姿を見せられる相手。

やり取りが非常に面白く、主に逆らえず振り回される早坂が本当にかわいい。

 

また、メインヒロインであるかぐや様

「四宮かぐや」の画像検索結果

はもちろん、

 

ちょっとアホな藤原書記

f:id:hakujolno:20180626101717p:plain

などなど、女性キャラは全員非常に魅力的

 

必ず誰かしら、グッとくるキャラクターがいると思います。

女性キャラについてはあえて説明少なめで。

 

内容について雑感

たまにあるシリアス展開があまり好評ではないようですが、個人的には好きです。

いいスパイスになっていると思います。

 

また、藤原書記と会長の特訓回が度々あるんですが、非常に好評の様子。

毎回「会長が苦手なことを藤原書記が教える」っていうお決まりの流れなんですが、何度見ても面白いんですよね。

 

まとめ

恋愛漫画としても、ギャグ漫画としても好印象な「かぐや様は告らせたい」という作品。

先述した通りアニメ化も決定しています。

興味のある方は、是非チェックを。

 

では次回。

 

 

りぶねす

どもども

最近やたらと漫画ばかり読み漁っていまして。

メモ代わりにもなるし、せっかくなので作品ごとにブログで紹介記事にしようと思いました。

ちびちび更新していきます。

 

とりあえず今回は「堂本裕貴」作、「りぶねす」です。

 

りぶねす(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

ざっくりいうとこんな漫画

シスコン・ブラコン兄妹とその幼馴染のお話

3人ともとても仲が良く、家が隣同士なこともあり幼い頃から非常に仲の良い3人。

超が付くほどのシスコン兄・テツと、そんなテツに恋心を抱く幼馴染(アスカ)の恋模様や、兄に頼りっきりだった妹(カスミ)が成長していく過程が描かれています。

 

漫画は、カスミが高校生になったところからスタートします

 

この作品の魅力は、女キャラの可愛さ

この漫画、かわいい女キャラが多いんですよね

それが1つの大きな魅力と言えるでしょう

個人的に最も"好き"なキャラクターは、

カスミの親友、水無月 真琴ちゃん。

f:id:hakujolno:20180625102641p:plain

 

他にも、妹のカスミはもちろん、

f:id:hakujolno:20180625102826p:plain

 

幼馴染のアスカ

f:id:hakujolno:20180625102939p:plain

 

などなど、みんな可愛く描かれています。

特にアスカに関しては、読めば読むほど心境の描写等々でどんどんと好きになっていくキャラクターだと思います。

 

 

まとめ

とりあえず、「」カテゴリ好きにはおススメできる作品です。

特に「実妹」というのがGood。

また、幼馴染属性好きにも確実におすすめ。

序盤だけ読むと超絶的妹コミックですが、しっかりと幼馴染との恋愛模様も描かれています。

既刊10巻。

現在は、マンガボックスにて無料で追いかけることができます

7月には11巻の発売も決定しているようです。

 

りぶねす(11) (講談社コミックス)

りぶねす(11) (講談社コミックス)

 

 

マンガボックスで本編はつい先日終了してしまいましたが、アフターエピソードがもう少し続くみたいですよ。

 

次回は、下書きを見たら3月に保存したまま放置されていた、

アニメ化も決定している「かぐや様は告らせたい」をいい加減投稿しようと思います。

 

今回から画像も掲載してみました。

ちょっと手間は増えますが、この方が見ていて楽しいかと思いますし、たぶん継続して続けていきます。

 

では次回。

 

 

りぶねす(1) (週刊少年マガジンコミックス)

りぶねす(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 

 

りぶねす 1-10巻 新品セット (クーポンで+3%ポイント)

りぶねす 1-10巻 新品セット (クーポンで+3%ポイント)

 

 

 

 

 

パワフェスについて攻略記事的なもの

どうも皆さんこんにちはこんばんは。

今回はいつものレビュー的なものではありません。

先日発売した、パワプロ2018のパワフェスについて、2016から幾度となくクリアしてきた経験から掴んだコツ的なものを伝授します。

 

こういった類の記事は書いたことがないので、わかりにくい内容になってしまうかもしれませんが、どうかご容赦ください。

あまりにも、攻略wiki的な攻略サイトに書いてあるパワフェス攻略記事が適当であったり、間違った情報が多すぎて失望したので(勝手に)書くことにしました。

 

実況パワフルプロ野球2018 - PS4

 

 

 

続きを読む