読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レビュー的なものを書くブログ

とにかくレビュー的なものを綴ります。おそらく本、ゲーム辺りが多くなるのかな。

第20回 リリエールと祈りの国

こんにちはこんばんは。

 

今回ご紹介いたします作品は、

つい先日(3/15)に発売されました。

白石定規さん著「リリエールと祈りの国」です。

 

リリエールと祈りの国 (GA文庫)

 

あずーるさんと白石定規さんのコンビといえば、以前このブログでも2~3回ほど紹介させて頂いた「魔女の旅々」シリーズです。

今回ご紹介するこの作品、そちらの続編…?番外編…?的な。

同一世界での別のお話。とでも言うのでしょうか。

そんな物語です。

あ、みんな大好きイレイナさんはメインキャラクターとして登場していますよ!!

ちなみにその最高に可愛いイレイナちゃんが主人公の、

「魔女の旅々」紹介記事はコチラ↓です

さて、「リリエールと祈りの国」という作品ですが。

私のTwitterで申し上げました通り、最高です。

魔女の旅々以来イレイナが大好きだということはあるのですが、

やはり私は白石定規さんが創り出す世界観であったり、キャラクターそれぞれの個性が大好きなんですよ。リリエールの毒舌かわE。

 

物語が重たい雰囲気もなく、ふわふわゆるゆる~っと読み進めていたら

「んんん?なんか重くね?」

気が付いたら若干シリアスなお話が織り交ぜられていたり。

でもそんなシリアスな中でも明るい雰囲気も上手く残されていて。

本当に読みだすと止まらない作品です。

 

魔女の旅々ファンの方でも十二分に楽しめる作品になっているな、と思いました。

イレイナが主要人物として存在しているというのも大きな理由ですが、

同一世界であるということや、物語のテンポ、登場人物同士のかけあいや、地の文の書き方。

その辺りが魔女の旅々と同じような感覚で読めるなぁと感じました。

 

なんか面白さを伝えようとするあまり空回りしている感が否めない紹介になってしまいましたが、私はとにかくこの作品が大好きです。

リリエールと祈りの国、ぜひ皆さん読んでみて下さい。

心からお勧めできる作品です。

各種店舗特典もあるそうですので、特典コンプもいいかもですよ!!

http://ga.sbcr.jp/bunko_blog/t/20170308/

 

ちなみに私はアニメイトの掛け替えブックカバーがお気に入り。

イレイナが表紙に!!封を開けて速攻かけかえました。

いや、リリエールさんとマクミリアの元表紙も大好きですけどね??

 

リリエールと祈りの国 (GA文庫)

リリエールと祈りの国 (GA文庫)

 

 

 

また、冒頭だけでなく記事中に何度も触れましたが、

イレイナちゃん主人公、魔女の旅々も最高にお勧めです。現在3巻まで出てますよ。

私はいつか4巻が発売されることを心から願っています。

それこそクラウスレインの大聖堂に祈りたくなるくらいには。出るまで毎日通っちゃう。

ぜひ読んでください!!

 

魔女の旅々 (GAノベル)

魔女の旅々 (GAノベル)

 

 

魔女の旅々 2 (GAノベル)

魔女の旅々 2 (GAノベル)

 

 

魔女の旅々 3 (GAノベル)

魔女の旅々 3 (GAノベル)

 

 

 

第19回 ご注文はうさぎですか? アンソロジーコミック ①

こんばんは。

さてさて、今回は「ご注文はうさぎですか? アンソロジーコミック①」のご紹介です。

 

ご注文はうさぎですか?アンソロジーコミック 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

 

最初に言わせてください。

僕にとってご注文はうさぎですか?……「ごちうさ」は、人生にとって欠かせない一つのピースです。

この作品がなければ僕は満足に日々を送ることはできないでしょう。

 

それを念頭に置いたうえで、以下のご紹介を読んでいただきたいと思います。

 

 

今回ご紹介するのはそんなごちうさのアンソロジーコミックですので、いろんな作者さんたちがいろいろな話を書いていて、それが収録されている、というものですね。

ご注文はうさぎですか?という作品自体はご存知の方も多いのかなと思いますので、申し訳ありませんが今回は説明を割愛して進めようと思います。

 

私は原作コミックは全巻(既刊5)読破済みです。

が、このアンソロジーコミックは購入をずっと見送りにしていました。

なぜかというと、話は単純。

「怖かった」という理由です。

私はごちうさが大好きです。それは、Koi先生の描く可愛らしいキャラクター達。

そして、素敵な世界観、綺麗な街並み。

そんな中で進んでいくゆるゆるふわふわとした愛すべき物語。

そんな世界の虜なのです。

それを、ほかの方々が描いたらどうなるか…?

どうなるのだろう。それが怖かった。

 

でもいい加減読んでみようと思い、今回購入を決意しました。

 

某通販サイトの期間固定ポイントの期限が過ぎてしまうから使いたかった。というのが本当の理由なんですけどね。

 

そんなこんなで読んでみました。

感想としては、怖がる必要はなかったですね。

ただ、やっぱり本家のごちうさとはどの作品も雰囲気というか、ベクトルというか。

言葉では表しにくい部分が微妙に異なっているな。そう感じました。

 

まあ一言で表してしまえば、百合を意識しすぎなんですよね。

確かに登場人物の9割が女性キャラクターである以上、そういった要素があるのは頷けますし、実際原作コミックでも描写は割とあります。

が、少し目立ちすぎかなーと。

そう感じます。

まあ、あまり気にならない程度なので問題はないと思いますけどね。

 

あと個人的に残念でもあり嬉しくもあるなんとも言えない所は、青山さんがしっかりと登場する作品があったこと。

逆に言うと、1つしかなかったこと。

ですね。

私は青山ブルーマウンテンこと青山翠さんが大好きなのでそこが少し残念でした。

でも登場してくれただけ幸せ。

 

という感じです。

ごちうさの百合要素が好きな方はなんの問題もなく楽しめると思いますよ。

私自身はそんなに百合要素が好きなわけではありませんが、十分に楽しめました。

癒しとまではいかなかったかな…?って印象。

 

ちなみにこのアンソロジーコミック、2巻も出ていますので、そちらも興味ある方は是非。

私も近日中に買おうと思っています。

 

では次回。

 

 

 

 

ご注文はうさぎですか? アンソロジーコミック (1) (まんがタイムKRコミックス)

ご注文はうさぎですか? アンソロジーコミック (1) (まんがタイムKRコミックス)

 

 

 

 

 

 

第18回 グリモア~私立グリモワール魔法学園~(ノベライズ)

おはようございます。

今回はくしまちみなとさん著「グリモア~私立グリモワール魔法学園~」の小説版となります。

 

グリモア~私立グリモワール魔法学園~ (電撃ゲーム文庫)

元々はスマホのアプリゲーム…ソシャゲの「グリモア~私立グリモワール魔法学園~」の公式ノベライズとなります。

最近はテレビCMも放送されていましたので、ゲームの方はご存知の方も多いのではないでしょうか。

ゲームは所謂「ポチゲー」なのかな。

とにかく女性キャラと女性声優に力を入れている印象が強いです。

私はサービス開始当初からプレイしていましたが、データが消滅しました。

それでモチベーションが0と化したのですが、昨年の秋頃から新データで復帰しています。

 

そもそもこのゲームをプレイしている理由というか、好きな理由は私の大好きな声優さん、石原夏織さんがメインヒロイン(小説の表紙)として出演しているからなんですよね。

きっかけがそんなんでも、このゲーム・作品そのものに引き込まれる設定が数多く組み込まれているので是非プレイしてみてください。

こんなに平和そうな世界ですが、実は闇が深いんですよ。とても。

誰も救われない、救いの無い物語だったりするんです。

 

ということで、興味のある方は是非!

 

 

さて、本題に戻ります。

今回の小説版、さすがに登場人物は絞られていました。

メインキャラ(アプリのタイトル画面で登場)する5人に加え、

宍戸さん、武田会長、アイラのみでした。

まあ、この作品はキャラ人数が多すぎますので絞られるのは仕方がないかもれませんね。

 

ざっくりとした流れはゲームと同じです。

ある日魔法使いとして覚醒した主人公が、グリモワール魔法学園へ入学し、色々な生徒と交友し、霧の魔物と戦う…

そんな感じ。

 

ちょいちょい表現がわかりにくい部分もありましたが、簡潔で読みやすい文章でしたね。

唐突に心内描写の視点が変わるのは少し戸惑いましたが、慣れてしまえば気になりません。(でした)

 

ちょいちょい裏世界と繋がるのかなぁこれ。って部分もあって、胸が痛くなりました。

 

とにもかくにも、

南智花ちゃんの可愛さが存分に表現されていて僕は大満足です。

 

というか登場したキャラ全員、生き生きと描かれていたので元々のファン的にも満足。

ただ唯一残念なのは、登場人物に風紀委員がいなかったこと。

いや、いるにはいたんですよ。神凪さんが。

でも僕は智花の次に風子が好きなので、そこが少し残念でした。

 

といっても、物語として普通に面白かったです。

元々ゲームの方をプレイしていない方でも楽しめるような内容でしたし、しっかり専門用語だったり設定だったりも丁寧に解説されていましたので、そこは安心です。

 

期待以上のノベライズでした。

 

この記事、何が書きたかったのかよくわからないですね、申し訳ない。

以上です。

 

 

グリモア~私立グリモワール魔法学園~ (電撃ゲーム文庫)

グリモア~私立グリモワール魔法学園~ (電撃ゲーム文庫)

 

 

第17回 ちーこばすけっと!

おはようございます。

今回は米白粕さん著、「ちーこばすけっと!」のご紹介です。

 

ちーこばすけっと! 1 (MFC キューンシリーズ)

 

さてさて、このコミック。

前回に引き続き、またもや「コミック CUNE」作品となります。

つまり4コマですね。

私は単純に、米白粕さんの絵が好きという理由で購入しただけなのであまりとやかく言えない気がします。

が、記事にすることにしました。

 

表紙とタイトルから分かる通り、バスケが題材となっている漫画ですね。

私は「米白粕」の3文字しか目に入っておらず、買う直前に裏表紙を見てバスケ漫画だと気が付きました。

それくらい作者買いしたってことですね。なんかすいません。

とにかく絵が可愛いんですよ。Pixiv見れる方は米白粕と検索してみてください。

とにかく可愛いです。

そしてこの作品も、やはり可愛かった。

 

さて、内容について触れておきます。

ちーこ可愛い。

です。はい。

他はまあ、一つの目標に向かって努力する女バスメンバー+日常って感じで、

ゆったりと読める内容でした。

 

ただ、「誰が話しているのか」がわかりにくい部分(コマ)が多々あります。

口調も割と似ているキャラがいますので、しっかりと読まないとわからないかもですね。

といっても慣れてしまえさえすれば問題はないのかな、と思いました。

実際読んでいるうちになれるもんです。はい。

 

 

はてさて、こんな感じです。

米白粕さんの描く絵が好きな方は是非読んでみてください。

では、次回。

 

 

ちーこばすけっと! 1 (MFC キューンシリーズ)

ちーこばすけっと! 1 (MFC キューンシリーズ)

 

 

第16回 ぺたがーる 2

どうもこんにちは。
さて、今回はコミックれびゅー。
ひみつさん著、「ぺたがーる 2」のご紹介です。

ぺたがーる 2 (MFC キューンシリーズ)


2巻が発売したので、今回書くことにしました。
さて、察しの良い方であればもうタイトルと表紙イラストでなんとなく、どんな内容なのか分かったのではないでしょうか。
この作品、貧乳コンプレックスの女の子が、巨乳の友達と繰り広げるおっぱい日常物語、といったものです。

これだけ聞くとエロ漫画感がすごいですが、実際には全くそんなことはないです。
そっち目当てで買うのはお勧め致しません。

胸の話がメインなため、ワンパターンと言えばワンパターンな内容。
だが、この作品で心惹かれるのは女子高生ならではの友情感。ですかね。
現実はともかくとして、2次元の女子高校生ってこんな学校生活してそう。
っていう雰囲気がとても良いです。
あとサブキャラ枠だけど山田可愛い。

とにかく胸ネタが多いため、本当に貧乳コンプレックスを抱いている方が読むのもアリかもしれませんよ。
共感できる部分もあるかも、です。

既刊2巻ですので、気軽に読み始められるかと思います。
コミックCUNEなのでお値段もお手頃(税別600円)

もし気になる方は1巻だけでも読んでみて下さい。
といっても、個人的には2巻のが面白いというか。良かったです。

では次回。

ぺたがーる 2 (MFC キューンシリーズ)

ぺたがーる 2 (MFC キューンシリーズ)


第15回 いちご100%

こんばんは。

さて。

今回は「いちご100%」のご紹介です。

 

いちご100% カラー版【期間限定無料】 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

なにやらカラー版があるらしい…。

知らなかった。

 

さてさて。

一度は聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

いちご100%

という作品を。

 

勿論、言わずと知れた名作ですし、ご存じで既に読破済みという方も多いのかと思います。

 

恥ずかしながら、私は先日ようやく全巻読み終えましたので、ここに書きたいと思います。

 

もう簡単にざっくり言ってしまえば、この作品は主人公が「いちごのパンツ」を履いた女の子と恋する物語といえるのかな?

そんな勢い。

 

簡単に言い過ぎているけど、「いちごのパンツ」というのは本当に重要なアイテムとキーワードとなっています。

 

さて、これ以降はネタバレを含みます。

一応畳んでおきます。

問題ない方はどうぞ続きをご覧下さい。

 

続きを読む

第14回 小説版 Wake Up, Girls! それぞれの姿

こんにちは。

今回は久しぶりにオタオタします。

小説版 Wake Up, Girls! それぞれの姿

のご紹介です。

小説版 Wake Up, Girls! それぞれの姿

 

さて、まず皆さんはWake Up, Girls!(以下、WUG)をご存知でしょうか。

色んな意味で有名だとは思いますが、

「知ってはいるけど見たことない」

って方が多いんじゃないかと思います。

私もその内の一人でした。

だったのですが、一昨年。

アニサマ2015の3日目に参加したんですが、そこで初めて生のWUGに出会ったんです。

 

曲は「少女交響曲

 

2015年の冬に公開が予定されていた劇場版前編の主題歌なんですが、

この曲、もうイントロから感動してしまって。

これは見るしかない。

そう決意しました。

 

少女交響曲

少女交響曲

イントロが聞けるかなと思って貼ったんですが、サビでしたね。

サビももちろん好きですけど、ちょっと悲しい。

もっと言うとイントロ前のキャストさんたちの掛け合いから感動してました。はい。

 

といっても、結局見たのはそれから1年が経過した2016年の秋頃になってしまったんですが、

一気に劇場版3作とアニメ本編を視聴しました。

もう、本当に素晴らしいコンテンツです。

 

本当はアニメ、声優さんたちについても書きたい所ですが、

今回はあくまで小説版のご紹介。

ここから本題に入りたいと思います。

 

まず、時系列的なことですが。

小説冒頭のシーンは、アニメ1期の終了直後からのスタートとなります。

つまり、劇場版2作目「青春の影」直前ですかね。

といっても、そのシーンが描かれるのは一瞬で。

そのあとメンバーそれぞれがWUGに入ったきっかけが語られますので、そちらがメインの内容となっています。

 

1人1人の1人称視点で語られるため、モノローグで想いを知れてイイ。

 

また、それぞれが短編で綴られている為、サクッと読めます。

だけど、内容はてんこ盛り。

こんな気持ちでいたんだ…こんな風に思ってたんだ…

っていうのを知れるので、新たな発見が多いと思いますよ。

アニメ自体割りと駆け足で物語が展開されていたので、そういった意味では、各キャラに注目してみんなのことを更に良く知れる。

そんな作品でした。

 

個人的には、やはりよっぴーがリーダーで。

かやたんが副リーダーっていうのが最もこのユニットにピタリとハマっていて。

この二人がメンバーみんなのことをどんな風に気遣い、気にかけているのかが物凄くよくわかって良かったですね

 

元々、安易にセンターのまゆしぃがリーダーでないっていうWUGのカタチが凄く好きなんですよね。

それもあって、よっぴーとかやたんの話はとても心に響きました

 

と、いうことで

WUGのアニメ、劇場版だけは見てるけどまだ読んだことないって方、WUGちゃんのことが好きならば絶対に読んだ方がイイです。

それだけ強くオススメできる作品でしたよ。

 

逆に言うと、WUGのアニメも映画も見てないって方には少し楽しみにくいのかもな、という印象も受けましたので、ご注意を。

読み物としてはすごく読みやすいので、そこは安心してください。

 

って感じでした。

WUGの新作アニメ制作も決定しておりますので、今はまだあまり知らない方も、それまでにアニメや劇場版、ノベライズを読んで備えるのもいいのではないでしょうか?

という感じでまとめます。

 

ちょっと書きすぎた…?

以上です。