読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レビュー的なものを書くブログ

とにかくレビュー的なものを綴ります。おそらく本、ゲーム辺りが多くなるのかな。

第24回 結城友奈は勇者である(アニメ版)

こんばんは。

さて、今更ながらではありますが、昨日ですね。

結城友奈は勇者であるを見終えました。

ということでご紹介。

※この記事はネタバレを含みますのでご注意を

 

結城友奈は勇者である 1 [Blu-ray]

 

まず最初に、いきなりエンディングについてです。

ハッピーエンドなの?と議論されていることがあるようですが、

個人的には明らかにハッピーエンドだと思います。

まあ、鬱だとか、

胸糞モノが好きな私的には、あれは東郷さんの夢だったり、願望の世界(結末)であって、実はまだ友奈の意識は戻っていないんじゃないかなーとか。

そんな風に思ってしまいますね。

 

この作品を勧めてくれた友人が言っていた説として、最後の友奈の立ちくらみ。

実は「友奈はまだ勇者であり、バーテックスとの戦いを続けている説」を提唱してきました。

確かにその可能性もなくはないのかな、と思います。

ただ、いちゃもんをつけるとすると「樹海化してバーテックスを撃退した際に、別の場所に行く」ことを考えると、ちょっと無理があるのかなーとか思ってしまいますね。

ラストだけがもやもやする終わり方で、正直残念でした。

たしか10月頃に2期が放送されるそうなので、そこで真実は明かされるのでしょうか・・・

 

f:id:hakujolno:20170517220002j:plain

 

と思って調べてみたら、キービジュでもうみんな勇者してますね。

みんなで勇者化してるってことはまたバーテックスと戦うのでしょうか・・・

さりげなく乃木園子ちゃんが戦線復帰してるのがびっくりですね。

確かに最後後ろ姿で元気になってる描写はありましたが、まさかまた戦うとは…

詳細はまだまだわかりませんが、とにかく期待。楽しみです。

 

あとはにぼっしーの満開フィーバーシーン。

もうにぼっしーがいい子過ぎて。

勇者部のこと大好きなんですよねにぼっしー。

あんだけ嫌々とか言っておきながら、勇者部五ヵ条叫んでましたからね。

ラストで友奈が復帰するときの飾りつけも、率先して動いてるような感じがしましたし。

 

あと樹ちゃんが声を失ってしまいながらも健気に見せている姿。

もう涙ですよ。

第9話、涙なくしては見られません。

本当に、涙でしたよ。

 

 

 

なんかもうまとまらないんですが、本当にいい作品でした

もうちょっと闇が深くてもいいのかなーとは思いました。

最後が本当にあの描写のままの終わりなのだとしたら、幸せ過ぎるので・・・。

まあ後味はいいですけどね!

 

物語の展開とかも本当に面白いし、見始めたら止まらない作品です。

ちょっと心の準備は必要かもですけどね。

 

また、現在、結城友奈は勇者であるの前日譚である、「鷲尾須美は勇者である」の劇場版が現在第2章まで公開されま”した”。過去形です。

第3章が7月からロードショーらしいので、是非みんな見ましょう()

私の初勇者であるシリーズはこの劇場版の第1章です。

正直ゆゆゆ知らなくても十二分に楽しめる内容でした。

今は早く3章が見たくてウズウズしています。

2章が最高だったのでほんとにもう楽しみです。

 

なんだか支離滅裂な投稿になってしまいましたが、とにかく良かったということですね。

お勧めの一作となりました。

 

 

では次回。