レビュー的なものを書くブログ

とにかくレビュー的なものを綴ります。おそらく本、ゲーム辺りが多くなるのかな。

第5回 螺旋階段のアリス

こんにちは。

今回は「加納朋子」さん作の、「螺旋階段のアリス」のご紹介です。


f:id:hakujolno:20161026155011j:image

 

画像は先日出版された新装版の表紙です。

また第2巻にあたる虹の家のアリスの新装版もつい先日発売されました。

どちらも文春文庫です。

 

さて、ざっくりとご紹介します。

ジャンルはミステリ、探偵物、です。

短編集なため、サクサクと読み進められます。

短編といえど、その中でしっかりと物語=事件を完結してくれるので、読んでいてスッキリサッパリします。

登場人物の個性も豊かで読んでいて飽きません。

 

タイトルにもなっている「アリス」ネタが多く散りばめられているため、「ふしぎの国のアリス」「鏡の国のアリス」を読んだことがある方は更に楽しく読めるのかな、と思いました

 

軽い気持ちで読めるし、心が温かくなるような話、描写もありますので興味のある方は是非読んでみてください。

 

近いうちに虹の家のアリスも買おうと思っています

 

 

以上です。