レビュー的なものを書くブログ

とにかくレビュー的なものを綴ります。おそらく本、ゲーム辺りが多くなるのかな。

第1回 「黄昏乙女×アムネジア」(漫画)

というわけで。

早速第1回目のレビューちっくな投稿

 

コミック版の「黄昏乙女×アムネジア」を全巻読みました。

 

f:id:hakujolno:20161011131737j:image

 

簡単に言ってしまえば、幽霊の女の子とその娘を見れる(触れる)男の子が共に学校の7不思議に立ち向かったり、解明(?)するようなお話。

 

ちなみにタイトルそのままが、この作品の状況というか、スタート地点を表しています。

 

まず最初に思ったのは、絵が綺麗。

そして夕子さん(幽霊ヒロイン)がかわいい。

正直言ってしまうと最初はそれほどこの作品には引き込まれなかった。

面白いとは思いましたけどね。

ただ、女の子かわいいなー。

そんな軽い気持ちで読んでいた。

気がつくと、

夕子の過去が少しずつ明らかになっていくことや

登場人物それぞれがどんな気持ちで動いているのか

そして最後の方で

夕子が何を望んでいて…どんな想いを秘めているのか

 

こんな部分に惹かれていた。

 

終わり方については私は大好きです。

というか泣いてしまいました。

心温まるラストです。

 

今調べたらAmazonのレビュー、めっちゃ高いですね

万人受けするっぽいです

 

ちなみにアニメ化もされています。

 

私は観ていないのであまり詳しくは知りませんが、友人と話した限りでは終わり方や、過去の夕子の心情がコミック版とは異なるらしいです。

アニメ版は見たけど原作は…って方や、その逆の方も見比べてみるとより一層楽しいかもですね。

 

 

こんなところですかね。

あと前回書き忘れたのですが、

投稿は超不定期です。

私が書こうと思った時、書けるなと思った時なので。

1日に何個も投稿することもあれば、全くない日もあるはずです。

 

また、作品を紹介する際はネタバレは極力避けるように気をつけているつもりです。

 

ってことを書き忘れてました。

以上です。

ありがとうございました。